医療法人 三良会

マンモグラフィー

マンモグラフィ

マンモグラフィ検査写真

マンモグラフィとは

マンモグラフィは乳房のX線撮影のことで、専用のX線撮影装置を使用します。
乳房にできる病気のほとんどを見つけることができ、しこりとして触れない早期のがんも発見できます。検査時間は10〜15分程度です。

乳がん検診を受けましょう

現在、日本人女性の30人に1人は乳がんにかかるといわれています。
乳がんで亡くなる方々も年々増加し、特に女性の壮年層(30~64歳)のがん死亡原因のトップとなっています。しかし、乳がんは早期発見・早期治療をすれば治癒率が非常に高い病気です。月1回の自己検診と定期的な画像診断で積極的な乳がん対策を始めましょう。

  • 乳がんに罹患率は年々増加しています。
  • 無症状の場合の場合でも検診によって病変が発見されることがあります。
  • 国の方針では、40歳以上を対象として2年に1回、定期的な受診が推奨されています。

月1回の自己検診を習慣に

乳がんは身体の表面に近い部分に発生するため自分でも見つけることができます。生理が始まって5~7日後、乳房のはりや痛みがなくなりやわらかい時期に行いましょう。閉経後の人は毎月1回自己検診日を決めておきましょう。

自己検診のしかた

浴室でチェック

指先をそろえて10円玉大の円を書くようにして、乳房、わきの下までまんべんなく動かし、しこりがないかチェックします。石鹸がついた手で触れると乳房の凸凹がよくわかります。

鏡の前でチェック

次のことを参考に、腕を高く上げたり下げたりしながら、いろいろな角度から乳房の様子を観察します。

  • 左右の乳房の形の変化
  • ひきつれやくぼみはないか
  • 乳頭のただれはないか
  • 湿疹はないか
  • 乳頭をつまんで分泌物がでたりしないか

圧迫の必要性

乳母を片方ずつ圧迫板ではさみ、引き伸ばした状態で撮影します。痛みを伴いますが、これは診断に必要な良い写真を撮るためにはとても重要です。また、放射性の被ばく量を少なくする効果もあります。

放射線の被ばくはごくわずか

放射線の被ばくはありますが、乳房に限られ、その量はごくわずかです。白血病などの心配はありません。

発見がむずかしい場合もあります

乳腺密度の高い若年の方や授乳中の方、手術後の方などは、マンモグラフィだけで異常を見つけることがむずかしい場合があります。

ページトップへ