医療法人 三良会

無痛MRI乳がん検診

乳がんについて

乳がんは日本人女性がかかるがんの中でも、もっとも身近ながんとなっています。
ですが、早期発見、適切な治療で命に関わらない段階までの治療が可能となっております。
検診で発見された場合と自覚症状が出てから見つかった場合との生存率には大きな差が出ると言われています。
無痛MRI乳がん検診は、 検査時の痛み、乳房を見られることの恥ずかしさがないため、女性の強い味方となる新しい検査方法です。
乳がんは誰でもなる可能性のあるがんです。
他人事とは思わず、自分のために、そして、大切な人のために…
まずは検診してみましょう。

無痛MRI乳がんの特徴

痛くない。見られない。

無痛MRI乳がん検診では、検査着やTシャツを着たまま受けられます。
MRI検査の場合マンモグラフィの場合

マンモグラフィ検査では、乳房を挟んでの撮影になるので痛い、恥ずかしいという観点がありました。
しかし、無痛MRI乳がん検査では検査着を着たままで検査を行い、乳房を圧迫しません。


被ばくゼロ、不安もゼロ

MRI検査は放射線を使用しないため、被ばくはゼロです。
経過観察など、繰り返し検査を受ける事ができ懸念材料もゼロです。


乳房の手術後、豊胸術後も検査可能

基本的に乳房を圧迫しないので、インプラントや挿入物を受けている方も検査可能です。
MRI検査
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 92ee65d96bc81fa9bf77948e04b851f5-1.jpg

MRIの場合はインプラントがあってもがんを発見しやすい画像になります。


精度の高い無痛MRI乳がん検診

無痛MRI乳がん検診はマンモグラフィ検査や超音波検査と比べて精度が高く、マンモグラフィでは見分けのつきにくいがんを発見することができます。
無痛MRI乳がん検診の陽性適中率はマンモグラフィの3.5倍に相当する約20%です。
また、無痛MRI乳がん検診のがん発見率は1000人あたり24.8人です。
平均的なマンモグラフィのがん発見率は、3.2人とされており、これはマンモグラフィの7倍以上に相当します。


専門医による読影

画像診断の専門医が読影します。
また後日、検査結果の報告書も発行されます。

※無痛MRI乳がん検診は、女性技師が担当するとは限りませんのでご了承ください。

  • さらに詳しい情報はこちらのサイトをご覧ください。

    痛くない乳がん検診(ドゥイブス・サーチ)

    ドゥイブス・サーチ

当院のWeb予約はこちら

診療案内

診療日

8:30~12:00 休診
13:30~17:00 休診 休診
※ 土曜日の午後、日曜、祝日は休診日となります。 但し、急患はこの限りではございません。

お申し込み・お問い合わせ

料金について

無痛MRI乳がんドック 22,000円(消費税込み)

予約について

WEB予約
(24時間受付)
  • 予約する ※ドゥイブス・サーチ(外部)にアクセスします。
平日 8:30~17:00
土曜日 8:30~12:00
電話予約 017-735-3111
FAX 017-735-3112
ページトップへ